処方薬のプロペシアでAGAに対処

AGAの治療は保険が適用されないため金銭的な負担が大きい

クリニックでは、AGAの治療のためにプロペシアを処方してくれます。
一般的な怪我・病気での治療とは異なり、AGAの治療には健康保険が適用されないため、金銭的な負担も非常に大きいです。
そのため髪の毛の問題が気にならない人は治療を受けずに済ませてしまうのですが、自分の場合はどうしても気になってしまうため、治療を受けざるを得ませんでした。
処方薬のプロペシアを飲み始めてからも、なかなか髪の毛が元通りになることはなく、不安が募る一方になってしまいました。
健康保険の適用がない処方薬なので、相当なお金をかけて入手しています。
このまま何ヶ月も飲み続けて効果が出なかったとしたら、支払ったお金が全て無駄になってしまうことになるため、本当の不安が強かったです。
しかし飲み始めてから6ヶ月ほど経過したあたりで、髪の毛に変化が出てきました。
明らかに増えたとまでは感じませんでしたが、プロペシアを飲み始める前と比べると増えているように感じたのです。
まだAGAの症状であることが見てわかるレベルなので、処方薬のプロペシアに心から満足できたわけではありませんが、それなりに満足できる状態にはなりました。

本格的な男性型脱毛症いわゆるAGAの症状だったAGAの治療は保険が適用されないため金銭的な負担が大きいある程度の効果を感じることができた点には満足

プロペシア 処方薬 / ED治療薬 AGA治療薬・処方は新宿ウエストクリニック 東京都新宿区